ブランケット判の業界紙づくりを10年、そして大学の学内報編集を8年ほど、続けてきました。

 業界新聞については、後半5年は、取材して記事を書くだけでなく、紙面の割付から見出し付けまで行っていました。
 また学内報はページ数で40ページ前後あり、学生のDTPの勉強の意味を込め、半分は大学側で、半分はこちらで編集・レイアウトを行っていました。
 全ページ、定型を持たないというのがコンセプトで、基本的に文字サイズだけは共通ですけど、行数・字詰めはページによりバラバラで、たいへんといえばたいへんですが、1ページごとに新鮮な気持ちで向かうことができました。

 その他、議員の政務会報なども作成していますが、こちらは「印刷物デザイン」のページでご紹介します。
 
   「北海道石油新聞」

 5日おきに発行、通常はブランケット判2ページ、特集時は4〜8ページ建て。

 「北海道情報大学 学内報 『ななかまど』」

 年3回発行、A4版24〜48ページ程度。
 記事と写真のみていきょうを受け、レイアウト、見出し、編集を行っていました。
 もちろん、印刷・製本まで、当方と提携している印刷会社で受けていました。
 
   文字及び画像データを支給していただき、Illustratorで編集、そのまま印刷所に渡せる形にして納品します。

 料金は、A4判換算で、1ページ当たり30,000円より承ります。

 割付用紙などにレイアウトをするだけで作成はお客様がされる、というような場合は、A4判換算で1ページ当たり10,000より承ります。