エッセイ等につきましては、ただもう<風の街>をご覧下さい、としか申し上げようがありません。

 他のところにも書きましたが、業界紙記者時代は、いよいよ埋め草がなくなると、業界のことに寄せた雑文を載せたものでした。まぁ業界紙なので、そう頻繁に行っていたわけではありませんが。

 テーマと文字数を提示していただければ、それに合わせて執筆することができます。
 文字数とその時の状況にもよりますが、急なご依頼にも、ある程度は応じることができると思います。
 
   上にも書きましたが、<風の街>が作品例です。
 
   ご依頼をお受けする形態は、原則として、
 「テーマを提示していただき、執筆して納品する」という形になります。

 料金につきましては、@原稿料のみとなります。
 400字詰め原稿用紙に換算し、1枚3,000円からとさせていただきます。但し、原稿用紙2枚以下の場合は、1枚5,000円を申し受けます。

 なお、そのご依頼を受けるために当方で調査・取材等が必要な場合は、別途、調査料を申し受ける場合があります。

 原稿はテキストのデジタルデータでお渡しします。