作家、小説家志望の人が世の中にどれくらいいるかは、計りしれません。
 その中で、実際に書いている、あるいは書きためている人も、巨万(ごまん)といるのを知っています。
 しかし、それが商業ベースで世に出す機会を得ている人となると、グッと減ってくるのが実際のところでしょう。
 そしてさらに、それが売れ、生計をたてている作家となると、本当に一握りに過ぎません。

 書店に行ってみると、小説、物語に限っても、一人の人が一生かかっても読み切れないほどの本に溢れています。それでもなお、世の中は新しい物語、新しい作家を求めているのです。

 そういう中で、実際に小説で生計を立てていない今、「ここが私の小説についてのアピールポイントです」と叫んでみたところで、誰が聞くか、という話です。
 なので、ただひたすら、これから<風の街>に載せていくであろう作品を読んでいただきたいと思います。
 
   上にも書いたとおり、<風の街>に乗せていくものが作品例となります。
 
   ご依頼をお受けする形態は、原則として、
 「テーマと枚数を提示していただき、執筆して納品する」という形になります。

 料金につきましては、@原稿料のみとなります。
 400字詰め原稿用紙に換算し、1枚3,000円からとさせていただきます。但し、原稿用紙2枚以下の場合は、1枚5,000円を申し受けます。

 なお、そのご依頼を受けるために当方で調査・取材等が必要な場合は、別途、調査料を申し受ける場合があります。

 原稿はテキストのデジタルデータでお渡しします。